2008年12月09日

抜け毛の原因 シャンプー

抜け毛の原因 シャンプー
抜け毛原因となりやすいシャンプーとリンスについてここでまとめています。


抜け毛とシャンプーの種類

髪の毛を清潔にするシャンプーですが種類によっては抜け毛の原因となるものがあります。

シャンプーには合成系と天然素材系の2種類があります。
市販のシャンプーは石油系の種類のものが多く石油系の種類のシャンプーは、合成系の界面活性剤をベースにして作られています。

合成系の界面活性をベースにしたシャンプーは浸透性が高いので、頭皮の毛包の奥まで入りこんでいき、このことが毛根周辺の細胞にダメージを与える可能性があります。

石油を原材料とする合成系の種類のシャンプーと比較して、天然素材系の種類のシャンプーは、抜け毛などの副作用はほとんど見らません。

天然系の種類のシャンプーの場合は、抜け毛に対して逆に好影響をもたらすと言われています。
抜け毛が気になる方は、シャンプーの種類に気をつけて、抜け毛の対策になる種類のものを選ぶようにしましょう。


posted by 抜け毛 at 00:01| Comment(29) | 抜け毛の原因>シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

抜け毛の原因 フケ

抜け毛の原因 フケ

フケも、抜け毛の原因の一つです。

人間の皮膚をつくっていた細胞が細胞同士のつながりを失うと体にとっては不要なアカになります。
この不要になった頭皮のアカをフケと呼びます。

つまりフケとは、頭皮の角質細胞がはげ落ちたものなのです。頭皮からできたフケに、皮脂や汗からの分泌物が混ざると、細菌が繁殖しやすい環境をつくります。

このように頭にたまったフケが細菌を繁殖させると、頭のかゆみを引き起こします。
またフケは細菌やカビが繁殖する温床となりやすいため、頭皮の炎症や吹き出物を起こし安くなります。

頭皮に炎症や吹き出物が起こると抜け毛の原因になりやすくなります。つまりフケが原因で抜け毛になる可能性もあるということなのです。
posted by 抜け毛 at 23:51| Comment(0) | 抜け毛の原因>フケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜け毛、遺伝の関係

抜け毛と遺伝の関係

遺伝が、抜け毛の原因になっていることもあります。

髪の毛の成長に欠かせない頭皮の毛母細胞の中には、「タイプ2型5αリダクターゼ」という酵素が存在しています。また、頭皮の皮脂腺の中には、「タイプ1型5αリダクターゼ」という酵素が存在しています。

この「5αリダクターゼ」という酵素は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」と結合し、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化します。

この「ジヒドロテストステロン」というホルモンは、通常の男性ホルモンの5〜10倍の強力さで、毛母細胞における髪の生成を妨げると言われているのです。

つまり、両親からの遺伝が原因で、「5αリダクターゼ」の量が生まれつき多いと、抜け毛になりやすい体質だということになってしまうのです。遺伝が抜け毛の原因の一つだと言われてるのは、このためです。
タグ:抜け毛
posted by 抜け毛 at 23:42| Comment(3) | 抜け毛の原因>遺伝の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。